Loading

大雨。我が地元、広島がぐちゃぐちゃに

こんちには。改善コンサルタントの大澤です。

7月6日、仕事から飛行機で帰ってきて驚愕しました。

仕事で1週間北海道へ行っていたのですが、仕事が終わって広島へのフライトを待つ新千歳空港。妻から「凄い雨よ、帰れる?」と心配のライン。

その時は「雨か、ダルいな」くらいにしか思っていませんでした。

無事広島へ到着すると広島は確かに大雨。「これは凄いな」と思いながらフライトモードを解除すると色んな人から複数のライン。

そこで特別警報が出ている事を知りました。

 

とりあえず広島空港から広島駅までのバスは欠航。高速道路も通行止めの状態との事。

広島空港まで車で来ていた為、無理してでも帰ろうと思っていましたが近くにいたタクシー運転手さんの会話を聞くとどうやら水が道路に溢れていて車で帰るのは至難の業という事。

 

その日は帰ることは不可能という判断をして空港で一夜を過ごす事に。

 

 

支給された毛布を敷いてベンチの近くでPCや携帯で情報を確認しながら眠れぬ夜を過ごしました。

 

こういった非常食も提供頂きました。

 

翌朝、雨はあがったものの状況は変わらず。沢山の行方不明者や亡くなった方がいるとの事。

地元、呉市もひどいとの事で妻とは細かく連絡を取るも心配で気が気じゃありませんでした。

 

 

昔からよくとおった橋は流れてしまい、今でも通勤で使う道はひどい状態でした。

※写真は高速道路

 

そういった状況で呉はいまだ予断を許さない状態です。昔から知っている街が、場所がぐちゃぐちゃになっているのを見ると凄く悲しい気持ちになります。

それよりも、行方不明の方々が一刻も早く見つかる事。お亡くなりになられた方々へご冥福を祈りつつ、まだまだこれから復旧に向けて時間がかかる事。次週台風が来るという情報もある中で二次災害が起こらない事を祈りつつ、羽田へ再度仕事で飛び立ちます。

 

Follow me!

関連記事

  1. 2020年の始まり。今年の目標と課題について
  2. コロナウィルスによる大打撃。一律一人10万円の給付金について
  3. 大人気、プレスバターサンドを東京駅で購入してみた!
  4. 新元号『令和』、平成を経た新時代の幕開け
  5. 大雨の影響、広島空港で一夜を過ごす!

いつでもお気軽にお問い合わせください。0823-32-0070受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら t-osawa@leo-makoto.com
PAGE TOP