事業内容

Achieving Partner

Achieving Partner(アチービングパートナー)とは私が肩書として使っている造語です。

Achieve(努力や能力により目的を達成する)× Partner(パートナー)として、活動をさせて頂いております。

所謂コンサルタントと違うのは一緒の目的を達成する為のパートナー、戦友として共に経営・プロジェクト・業務改善等をご一緒させて頂く存在でありたいと考え、このオリジナルの肩書で事業をさせて頂いております。

PMO

プロジェクトを推進するにあたり、部署間を超えた調整事にお困りではありませんか?

スケジュール管理、KPIの進捗確認、次のアクション、アラームの管理・解決に向けた動き等々。

部署を超えたプロジェクトの推進には様々な調整事や管理を要します。

また、横列での調整には社内の様々な阻害要因が発生しがちです。

これらは一概に『悪』ではなくお互いの主張に落としどころを見つける事が出来ずに燻ってしまっている『発生し得る事象』なのです。

ここにPMOを設置する事で部署間の不要な対立抑制や進捗の遅れに対する早急な対応を取れるのです。

当社ではプロジェクトを推進する方々、マネージメントクラスの方々の考えと方向を明確且つ確実に合わせ、プロジェクトを円滑に進めるお手伝いをさせて頂いております。

経営パートナー

主に中小企業の経営者の方は日々様々な決断に追われています。

その中でも指示を出し、従業員に配慮しながら事業の事を考えるという多忙極める中に身をおいていらっしゃいます。

当社は経営者様の右腕として、企業の未来や現状の打破に関して一緒になって考え、経営者様のやりたい事を具現化するパートナーとしてお手伝いをさせて頂いております。

パートナーという言葉を使っている理由はただ一つ。単なるビジネスとして『提案』や『押し付け』は一切せず、本当に企業の為になり実際に実行できる机上の空論ではない方法を共に考えるところにあります。

そういった理由から、当社では『経営コンサルタント』という言葉は使わず『経営パートナー』として最後まで一緒に走り続けるという信念に基づき事業活動を行わせて頂いております。

業務改善コンサルタント

多くの企業様で既に取り組まれている『業務改善』について、お手伝いをさせて頂いております。

当社では保険・営業・製造・物流などあらゆるエキスパートを揃え、各分野に応じた業務改善の形をご提案~実行までサポートさせて頂いております。

特に製造分野においては5s、安全、品質、生産効率向上、設備導入といった多岐に渡るサポートを可能とし生産効率向上に関しては平均30%以上の効率向上を挙げてきました。

よくあるお悩みとして、瞬間的には改善が進むが定着しないというものがあります。

当社ではこういったお悩みを解決するべく、改善の『仕組み化』を行い、当社がいなくなった後でも永続的に改善を進める事が出来る環境を作る事で企業様そのものの自力を向上させるお手伝いもさせて頂いております。

トレーニング・セミナー

前述した業務改善における各セミナー・トレーニングの実施。また、キャッシュフローやお金にまつわるトレーニングセミナー等も行わせて頂いております。

更に深堀すると、業務遂行に必要不可欠なPower pointやWord、Excelといった基礎トレーニングも実施可能です。

これらは不要な内容を網羅的に実施するのではなく、各企業様・各部署に必要な内容をオーダーメイドし、トレーニングする事で的確且つ必要な内容を短時間で身に着ける事に成功しております。

それら以外にもご相談頂ければ独自のコミュニティーを活用し、企業様にとって最適且つ確実に効果を出せるエキスパートの方をマッチングする事でムダなお金を払わず、確実に最短で結果を出す事をお約束致します。

最近の記事

PAGE TOP