自己紹介

Achieving Partner(アチービングパートナー)

LEO

名前

大澤 拓磨 (Takuma Osawa)

生年月日

1986年7月26日

家族構成

6人家族(妻、長男・長女・次女・次男)

趣味

バスケットボールを小中高とやってきました。

小中学校の頃は所謂弱小であり、楽しんでバスケットボールをやってきましたが中学3年で出会った先生により大きな意識改革をさせられました。

そこから楽しくやるバスケットボールが勝つためにやるバスケットボールになりました。

高校は私が住んでいる市内で3位程度の実力の学校へ進学。

ここでも監督に恵まれ、生まれて初めて『本気の努力』をしたように思います。

結果、広島県で3位という結果を残しましたが感じたのは『まだ上がいる』という事。そして『もっと努力出来る』という感情でした。

努力をした人間が全員報われるわけではないが、勝つ人はすべからず努力をしているという事実。

天才という言葉は努力から逃げた人の言葉と考えるようになり、努力を続ける重要性をこのバスケットボールから学ぶことが出来ました。

経歴

某大手建設機械メーカーへ就職。

その後組立ライン現場で最年少管理者となり現場運営と現場改善を学び始める。

程なくして現場改善に特化した社内のプロジェクトチームへ参画。組立関係や物流関係の業務改善に3年間従事。

2012年に国内マザー工場移転という大プロジェクトの組立部門リーダーとなり設備計画や生産計画、工事進捗管理等を遂行。

工場移転が収束した後に溶接現場、出荷・業務現場、機械加工現場、塗装現場でそれぞれ現場管理者を経験。

このように製造現場における全ての現場で管理者を実施した経験やマザー工場移転プロジェクトのリーダーを経験させて頂いた実績を評価され、アメリカで現地法人立ち上げプロジェクトの計画チームリーダーへアサイン。

全く英語を話せない状態から勉強をしながら現地のメンバーと経営・生産・マーケティング計画。

2年間アメリカで業務した後に更なる挑戦をしたいと考え、兼ねてよりお声がけ頂いていたコンサルティングファームへ転職。

トラックの架装メーカーにおける生産性向上プロジェクトからキャリアを重ね、経営やマーケティング、PMOについて経験。

様々なプロジェクトを経験させて頂いた後にコンサルティングファームと提携関係にて独立した。

最近の記事

PAGE TOP