Apple watch Series3 購入!!使って1週間のレビュー!

こんにちは!広島県呉市の業務改善コンサルタントLeo-consultants、大澤です!

皆様はどんな時計を使っていますか?

私は元々あまり時計にこだわりがありませんでした。前職が建設機械メーカーの生産技術員として働いていた為現場に出る機会が多かったのもあり、G-shockを愛用していました。

その後、アメリカで工場新設プロジェクトの仕事をしている際にアトランタの巨大アウトレットモールでアルマーニの時計を購入。

チープですがデザインが気に入っていました。

ですが、やはり現場に着けていくと傷がついてしまいますね。

コンサルタントとして仕事をし始めてから今までよりも多くの人と出会ったり、見た目を気にするようになりました。すると何故か時計も傷だらけの物を使うのに躊躇いを覚えてしまったのです。

見栄っ張りですかね(笑)

そこで新しい時計を買おうと決めて何にするかをかなり考えました。

オメガ・・・

グランドセイコー・・・

オシアナス・・・

アストロン・・・

機能面とほどほどの高級感とかっこよさ。それとビジネスシーンに適応出来るか。これを前提にして時計の選定作業を始めました。

そしていきついてしまったのですApple watch(あいつ)に・・・(笑)

Apple watchの魅力

前述した通り色々な選択肢がある中で妻から『Apple好きなんだからApple watchは?』と言われました。

特別Appleが好きという訳ではなかったのですが、iPhoneを使っていた事もあり一度Apple Storeへ。でもその時は全く選択肢にあった訳ではなく、『スマートウォッチかぁ、ビジネスに合うかなぁ??』などと考えていましたが実物を見た瞬間に全てが吹っ飛びました。

プライベート、ビジネス問わずバンドの付け替えだけで様々なシーンに対応出来る幅の広さ。

そして圧倒的な機能性。ムダのないデザイン。

本当にあっという間に『あ、これ買おう』となりました。

Apple watchの種類

購入すると決めたら次はどんな種類があるかです。

どうやら以下の種類に分類されるようです。

サイズ

38mmモデル

42mmモデル

この2サイズに分類されます。基本男性であれば42mmを、女性なら38mmをお勧めしますが、逆だとしてもそれほど違和感はないように感じます。

ただ、私は42mmを選択する事としました。

セルラー対応か、非対応か

シリーズ3の最大の変化点であるセルラー対応を選択するかもしくは非対応にとどめておくか。

これは結構大きな違いですね。

セルラー対応

単体で通信可能になっています。つまり、iPhoneを持っていなくとも通話やメール、ライン等の電波が必要であってもApple watch単品でも受信する事が出来ます。

私は少なくともどこかへ移動する際や何かをする際には必ずiPhoneを携帯する為あまりこの機能に対しての有用性を感じていませんでした。

なので店員さんへ『どんな人がセルラーモデルを購入しますか?』とインタビューしてみたところ、以下のような回答となりました。

  • ステンレスモデルがデザイン的に好きな人
  • ランニング等が日課で、携帯を持ち歩かない状況がある人
  • 現場仕事等で高所に行ったり、携帯をカバンに入れてその場から離れる事が多い人

こんな回答でした。

おぉ、なるほど。確かにステンレスはかっこいい。高級感もある。ランニングか、なるほど。確かにApple watchだけでSuicaやその他Apple pay等で途中の水分補給も出来る。

確かにそういった仕事の方はセルラーモデルだと便利か・・・と納得できる内容でした。

しかし、私はiPhoneを持たずに動く事は基本的にはない。そして初めてのApple watchという事もあり、ステンレスにこだわわるような事もない。というよりはアルミでも十分にかっこいい。

試してみるという意味でもまずは安いモデルでいいのでは?という自問自答から、アルミタイプのGPS(セルラー非対応)にしました。

実はこのモデルには高級モデルとしてセラミックも存在するようですが、それは最初から選択肢にありませんでした。

色は??

シルバー

この3択です。白はセラミック版のみに存在するカラーリングなので私の選択肢からは自動的に除外。実は色は始めから黒一択で考えていたので私は黒を選びました。

ただ、シルバーもデザイン的に凄くかっこいいし、どんなバンドでも合うというメリットもありました。

金額は??

色々なタイプや選択肢があるのでその選択で金額は変わってきます。ここでは一般的な金額だけを紹介しましょう。

アルミタイプ+GPSモデル

36,800円(税別)

アルミタイプ+セルラー/GPSモデル

45,800円(税別)

ステンタイプ+セルラー/GPSモデル

64,800円(税別)

アップルウォッチ 本体 ナイキ Apple Watch Series 3 Nike 38mm シルバーアルミニウムケースとピュアプラチナム/ブラックNikeスポーツバンド シリーズ3 (GPSモデル)MQKX2J/A MQKX2JA

価格:56,980円
(2018/8/13 17:23時点)
感想(1件)

※こんなモデルもあります。

この3タイプが基本的な選択肢です。バンドや高級モデルによって金額は大きく変わりますが冒頭で書いた通り一般的な金額だけを記載しておきますね。

レビュー

という事で実際に購入!!選択したのはアルミ+GPSモデル。それと画面保護シートとビジネスで使用する際の革製バンド。

これで合計50,000円程度。

写真はスポーツバンドです。最初からついてくるバンドですね。

そしてこちらが革製バンドです。あまり写真じゃわかりにくいですが、程よくフォーマルになります。

スポーツバンドはプライベートで、革製バンドは仕事の際に使用しています。

バンドも本当にたくさんあって目移りしちゃいます。

QIALINO正規品 Apple Watch バンド ワニ柄 クロコダイル アニマル柄 Apple Watch ベルト 38 42 高級 牛革 レザーバンド 腕時計 交換ベルト 皮 男性 女性 おしゃれ 腕時計交換バンド 連結器付き apple watch series 3/2/1 バンド 42mm用/32mm用 ブラウン レッド

価格:4,309円
(2018/8/13 18:06時点)
感想(2件)

※これもかっこいいですね!ビジネスで使えそうです!

1週間使ってみて

あくまで私の感想になりますが、Apple watchは完全に有りです!

仕事上メールやラインといった情報については可能な限りタイムリーに反応したいが携帯のみであればあまり気付かない時があります。

ただ、Apple watchを付けていればほぼ確実に気付きます。

更に内容を会議の途中でも携帯を取り出す事なく確認出来る為緊急な案件があれば早急な対応が出来ます。

また、『どういう時に使うの?』と思っていた電話機能ですが出張先のレンタカーでBluetoothが使えない状況でも時計で話が出来ました。

意外ではありましたが、結構これは便利でした。

更に、金額的には最初の選択肢にあったビジネス時計よりもチープでありながら『お、Apple watchじゃん』という好奇心から話のネタになる事や『価格より機能性を選んだんですね』というような声もかけて頂いたりとお客様との会話のネタにもなりました。

もし今悩んでいる状態なら『買い』ですし、選択肢になかった場合は『候補に入れてください』とお勧めしたくなる一品でした。

今後も様々な使い方をして新しい発見があれば追加情報を更新していこうと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

もし宜しければこちらもどうぞ!>

皆様に私を知って頂きたい!!無料コンサル(1回)始めました!

Leo-consultants 大澤

Follow me!

関連記事

  1. システム導入後の問題解決業務への参画。問題はシステムではない。
  2. 必見!お悩みの方へ>PC変更!Suface pro4からSurf…
  3. 携帯変更!iPhone XからiPhone XRへ!使用感や違い…
  4. 初心者のSSL化。WordPress設定とお名前.comでの作業…
  5. 加速するテレワーク。テレワークのメリットとすぐにでも実施出来る導…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP