Loading

目標を達成する、株式会社LEO-Makoto大澤拓磨とはこんな人

みなさん、こんにちは!目標必達の経営パートナー。株式会社LEO-Makoto大澤です。

コンサルタントというのは、信頼関係がとても重要な要素ですが、はっきり言って得体が知れないという印象を多く持たれる職業だと思っております(笑)

今やコンサルタントという職業を生業にしている方は世の中に沢山いらっしゃいます。だからこそ、一体どの方に依頼すればいいのか迷うといった声も多く聞きます。

私は、可能な限り露出を多くしてプライベートやビジネス、考え方などをSNSやブログを通じて発信する事で少しでも「安心感」をもって頂くという事に注力しています(いるつもりです(笑))

そこで、本記事では私がどういった人間なのか。どういう考え方を持っていて、どんな事が出来るのか。

様々な面からお伝えさせて頂きたいと思います!

では、最後までお付き合いの程、宜しくお願い致します!

株式会社LEO-Makoto大澤 拓磨について

当社事業については以下の記事をご覧になって頂ければある程度ご理解頂けるとは思います。

しかしながら私が本記事でお伝えしたいのはこういったビジネス観点の事ではなく、『どういった人間なのか』です。

よって、プライベートな事まで書いていきたいと思いますのでお付き合いください。

私は小学5年生から高校を卒業するまではバスケットボールをやっていました。
社会人になっても当分の間はやっていましたが、時間が合わなくなりいつしかやらなくなってしまったのは私の怠慢ですね。

最近ではランニングが趣味になってきています。ダイエットを始めたのがきっかけで真剣にランニングをし始めるようになったのですが、最近では毎朝10km、どれだけ時間がない時でも7kmは走るようにしています。

その後、筋トレをしてシャワーを浴びてから仕事を始める。

いつしかこれがルーティーンになっています。

若輩者でありながら子供が4人もいます。

男⇒女⇒女⇒男という組み合わせの4人で、一番上が今年13歳。一番下は今年度で2歳になります。

そんな子だくさんでありながら起業に対してNoと言わなかった奥さんには本当に感謝しています。

私は経営者で、経営のサポートをさせていただいているお陰で経営者目線を養う事が出来ました。

と、同時に現場経験や現場改善経験が豊富である為現場の方々が何を欲していてどういう言葉でやる気スイッチが入るかという点については熟知しております。

よって、現場目線と経営目線双方においてどうしても生じてしまう『認識の齟齬』をしっかりフィットさせ、会社全体が同じ方向を向くように仕掛けるのが最も得意な分野です。

現場従業員を楽にしてあげたい⇒改善を行う⇒生産効率があがり残業などが減る⇒会社全体がハッピー⇒更に現場従業員を楽にしてあげたい⇒最初に戻る

概ねこのようなサイクルがはたらきますが、情報量の不一致からくる認識のズレや͡言葉足らず等により両者の意見が食い違ったりします。

全員会社の事を考えているのにも関わらず、です。

こういった問題はとてもよく聞く問題で、もう一度言いますが私はこれを修正するのが得意です。

私がしたい事は大きな視点でいうと、『私と関わる全員の笑顔が増える事』です。会社の利益が上がる、売り上げが上がる。現場が楽しく、楽になる。
家族との時間が増える。
自慢できる会社にする、これらのような『笑顔の要素』を増やしていくのが私の使命であり、やりたい事です。

そして、我々のような外部の人間を上手く使っていただきたいと感じています。

やりたい事がありつつもそれに対するノウハウもなく、従業員の方々も日々の通常業務に追われている場合、更に新しい仕事を付与しても効率的とは言えません。

ものづくりにおいては、受注した仕事量がキャパを超えた場合、外注へ発注する流れが普通であるにも関わらず改善ややりたい事を為すといった時に外注の選択肢というのはごく自然の流れです。

そこで経営者様が悩むのは『ではどの外注に依頼するべきか』です。

私を使って得られる物、他社になりメリット

はっきり言って、どのコンサルタントのHPを見ても『〇〇%達成』や『成功率〇〇%』などといった素晴らしい実績が並んでいて、判断の決め手にはなりません。

中小企業診断士という資格をお持ちの方の方が信頼できる。それも一つの決め手です。何故なら診断士の方々はその資格を取るために勉強を積み、知識をお持ちだからです。

ただし、結果を出すという点において資格が効力を持つかと言えばそうでもありません。

何を目的にするかによって、どういった人を雇うかは変えるべきです。

そして、最も重要なのは『信頼できるかどうか』です。

どれだけ立派な提案が出来ても実行しなければ机上の空論。役に立たないただの理想です。
だからこそ、実行に移す為の信頼関係を勝ち得る。これが出来てこそのコンサルタントです。

株式会社LEO-Makotoの強み

  • 現場での作業経験がある為、本当の意味で効果がある提案とその実行が可能。
  • 改善の継続と、自主的に改善を行う文化を作る事が出来る
  • 経営者と従業員の認識のズレ、方向性のズレを修正し会社に関わる全員が一緒になって取り組める関係性の構築が出来る
  • 経営・現場・SNSマーケティングといった幅広いサポートが出来る為、改善したい事に対してコミット出来る範囲が広い。また、全方向による相乗効果を期待できる独自性のある改善提案が可能
  • 初回は無料相談、更にはトライアル期間を設定しておりどんな人間かを知ってからの依頼が可能。また、トライアル期間でも設定したアウトプットは出す為、極めて安価且つスピーディーに改善の入り口に立てる

これらが当社の強みです。

他社との違いで言うと、『経営』『現場改善』『SNSマーケティング』というジャンルにおいて複合的にサポート出来る事。
これにより、『経営』と『現場』や『経営』と『SNS』など2要素の組み合わせよりもはるかに幅広く効果的なご提案が可能です。

そして、よく喜んで頂ける当社の強みは『お客様目線での提案実施』です。

この一つとして、初回の無料相談+トライアル期間の設定があります。

信頼できる方からの紹介であればまだしも、そうでない場合よく分からない人にいきなり何かを頼むというのは躊躇してしまうものです。

よって当社ではトライアル期間というものをご用意しております。

まずはこのトライアル期間にて私がどういう人間か。どういった考え方で何を提案出来るかといった面を感じて頂きます。

そこで信頼できそうだ。効果がでそうだ。こう感じて頂けた場合、実際の契約に進んでいただく。

このようにして、まずはお客様に『ご安心いただく』というところから取り組ませて頂いております。

初回の無料相談やヒアリングについては実際のご訪問もしくはオンラインで行っておりますので、お気兼ねなくご連絡頂ければ幸いです。

お問合せはこちら

メール・電話番号

t-osawa@leo-makoto.com

0823-32-0070

LINE

友だち追加

Twitterでは考え方を中心に発信していますのでこちらもご覧になってくださいませ♪

Follow me!

関連記事

  1. 全国で猛威を振るう新型コロナウィルスについて考察
  2. 目標必達の経営パートナー株式会社LEO-Makoto。弊社の強み…
  3. 英語を話せるとチャンスが広がる??経験談を踏まえた絶対できる日々…
  4. 独立して株式会社LEO立ち上げ。これから自分がしなくてはならない…
  5. フリーランスのメリットとデメリットは?フリーランスになる為の3つ…
  6. 決定的な違い、結果を出せる人と出せない人
  7. 広島県でも発令、緊急事態宣言&休業要請。この事態をどう乗り切るか…
  8. フリーランスとして活動していく為に!まずはメールアドレスを取得し…
PAGE TOP