コンサルタントはどのように選ぶ?様々なコンサルタントと出会ってきた私がおすすめするコンサルタントの選定方法について!

コンサルタントと一口に言っても様々な種類のコンサルタントが存在し、企業もしくは個人が現在抱えているお悩みに対してきちんとフィットするコンサルタントを選ぶ事は非常に重要です。

例えば経営面でアドバイスを受けたい会社がITコンサルタントに依頼をしても、経営的な目ではあまり有効なアドバイスを受ける事が出来ないといった具合です。

では、まず皆さんにとって今必要なコンサルタントはどのような物か。以下にコンサルタントの種類を記載しますのでまずはご選定頂ければと思います。

コンサルタントの種類

経営コンサルタント

会社の経営全般に対してアドバイスを行い、全社的にどういった施策が必要でどのようにすれば会社がいい方向に向くかを示す専門家です。

戦略コンサルタント

企業の経営層が抱える問題を解決するのが主で、中長期の戦略策定やマーケティング戦略、新規事業案の立案、M&Aや人事など幅広く様々なテーマに対してコンサルティングを行います。

ITコンサルタント

企業のIT戦略の策定やどのようなシステムをどこに導入するかといった計画、現行システムの最適化や動作検証といった分野において力を発揮するコンサルタントです。

業務改善コンサルタント

様々な業務プロセスの最適化や、視覚化をしていく事で業務の流れや作業そのものの効率を上げていきます。また、品質や安全、作業環境の改善なども行い「業務そのもの」を最適化する専門家です。

マーケティングコンサルタント

文字通りマーケティング業務に対するコンサルティングをするコンサルタントです。企業においてマーケティングが最大の課題である事が明白であれば経営コンサルタントよりも更に専門性の高いマーケティングコンサルタントに依頼する方が結果が出るかもしれません。

SNS集客コンサルタント

昨今認知度が高まってきて、ビジネスにおいても高い効果を発揮しているSNS集客に関するコンサルティングを実施するコンサルタントです。
企業ごとに利用すべきSNSや運用の方法などをコンサルティングする事で集客結果を向上させます。

キャリアコンサルタント

労働者の職業選択や職業生活設計、職業能力開発等に対してアドバイスをするコンサルタントです。

人事コンサルタント

人事評価制度や組織改革、組織診断などクライアント様の人事に関する全般をコンサルティングするコンサルタントです。

SEOコンサルタント

企業のインターネット等におけるSEO(Serch Engine Optimization)対策を充実させる為のコンサルタントです。
SEO対策を実施し、検索順位を上げる事で集客や問い合わせを増やすために存在します。

このように「コンサルタント」と一口に言っても様々な種類があります。
なので、一体何をして欲しいかやどの分野に問題があるかといった点をしっかり見極めてから依頼する事が重要になります。

朧げにでも「ここをなんとかしたい」という目的がある場合はそれに応じたコンサルタントにまず話をする事で「そういった案件ならこちらの方がお勧めです」というようにご紹介下さるコンサルタントもいらっしゃいます。

どんなコンサルタントに頼むのがいい?

一概には言えませんが、私の経験から言うとまず「聞き上手」な人の方がコンサルタントとして秀逸である傾向にあると感じます。

企業の課題を見極めていく中で重要なのは「ヒアリング」です。
勿論そのあとの根拠に基づいた課題設定などの能力は絶対必須ですが、そういった点は最初の段階では見極めが非常に難しい。

どれだけお客様にお話し頂き、どれだけ本音の部分を引き出せるかという点は極めて重要ですので、まず必須なのは聞き上手。
自分の事ばかり話すコンサルタントの方も多くいらっしゃいますが、こういった方々は本質の問題に対して「経験上こうの筈」といった観点に着地する方が多い印象です。

次に重要なのは「受け答えが明確か」です。
たまに質問に対してトンチンカンな回答をされる方や、横道に逸れた話ばかりされる方がいらっしゃいますがこういった方々は私の印象ではあまり答えを出す事に優れていらっしゃらない場合が多いです。

時に冗談を交えながらでも、しっかりと明確な回答をされる方はやはり頼りがいがあると同時にその場で答えられない事に対して適当に推測を交えた回答をするのではなく、時には持ち帰り確実な回答をくれる人は信頼に値します。

こういった面については、ネット上からだけでは分かりません。
実績や経験が豊富なコンサルタントであっても、企業との相性や経営者との相性というものは必ず存在します。

そして、それは本当に大きな要素の一つです。

経営者の方からしても、どれだけ経験豊富で実績がある方だとしても「あれをやれこれをやれ、何故やっていない、お前が悪い」などといった態度で来られたら言う事を聞く気はなくなりますよね。

コンサルタントというのは偉いわけでもなんでもありません。

よく「先生」という呼ばれ方をし、指示を出すだけといった方もいらっしゃいますが論外です。

コンサルタントとは同じ目線にてパートナーとして一緒に議論を交わす者でなければなりません。

一度話してみるのが最もいい

一度話してみて、どんな人かといった点をしっかり見極める事が長くお付き合いしていく上では重要な事だと考えます。

何れにしてもコンサルタントというのは少し固いイメージがありますが、そんな事はありません。是非一度話してみる事をお勧めします。

そのうえで無料相談などをやっている場合は実際に会ってその人となりを見て、付き合えそうか、頼れそうかという点をきっちり見てください。

企業において重要な投資をムダにしない為にも、紹介されたから、付き合いだからというだけではなく本当に会社にとっていい選択をする事をお勧めします。

最後に

多分に私見を交えましたのであくまで参考としてお考えいただければと思います。中小企業診断士の先生やMBA取得者など、経営に精通する資格や肩書をお持ちの方は沢山いますが、そんな事だけで選んでは失敗します。

中小企業診断士の方やMBA取得者の中でもお付き合い出来そうな方。そして独立系コンサルタントの中でも会社に合った方を選ぶというのが本当の意味で成功する為の最初の重要な点です。

弊社では、無料相談やトライアル期間を設けて企業様にとって納得頂けた後にご契約頂くというのが通例となっています。
また、料金形態も明確ですので比較的触りやすいかと思いますのでこちらも一つの強みではないでしょうか。

その為、基本的に一度ご契約いただけた後は末永いお付き合いをさせて頂けているのが特徴ですので是非お気兼ねなくご相談頂ければと思います。

お問い合わせはこちら

    いつでもお気軽にお問い合わせください。0823-32-0070受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

    お問い合わせはこちら t-osawa@leo-makoto.com

    LINEでのお問い合わせはこちら

    友だち追加

    Follow me!

    最新情報をチェックしよう!
    PAGE TOP