学歴なんて関係ない。これからの時代を勝ち抜く方法について徹底的に解説。

学歴にコンプレックスを持っている人が世の中には多い。

タイトルは『学歴なんて関係ない』としたが、これは決して学歴に対する批判でも馬鹿にしている訳でも全くない。

高校・大学・大学院とそれぞれのステップを重ねていく為にした努力は称賛に価するし、まだまだ日本の会社では学歴というものを重視している風習にある。

よって、学歴はあった方がいい。これは前提だ。

しかし、本記事はそういった視点のものではない。

学歴を持っている方も、持っていない方も結局のところその後社会に出た時にどのような積み重ねが出来るか。どのようなキャリアアップをしていくのか。

そしてどのようにこれからの時代で勝者になっていくのか。そこに特化したものとなっている。

私は学歴そのものに対してどれだけ立派な方だろうと大して気に留めない。

しかし、そこにたどり着く為に努力したその人自身に対しては尊敬する。

『努力』出来る人。これが時代のキーワードだ。忘れてはならない。

42%という数字

今の世界は大まかに分類すると『創造する人』と『具現化する人』で作り上げられてきた。

この世になかったものを考え、生み出しそれを有形・無形にて具現化する。このサイクルで今の我々の日常がある。

そして今の世界はホワイトカラーと呼ばれる人たちとブルーカラーと呼ばれる人たち、そして少数のその他の分類で経済を回している。

ホワイトカラーはイメージしやすい表現でいうとオフィスで働く人たち。そしてブルーカラーは同表現でいうと現場で働く人たちだ。

この表はそれぞれの学歴に対するホワイトカラー・ブルーカラーの比率である。

42%、この数字はブルーカラーの全体比率。全体でみると存外少ない事が分るが、各学歴別でみると高校卒ではその他を除き半数以上が、小中学校では凡そ8割がブルーカラー従事者となっている。

そして大学卒業以上の方は8割がホワイトカラーという結果からも所謂高学歴イコールホワイトカラー、低学歴イコールブルーカラーという比率は立証されているといっても差し支えないだろう。

会社や業種によって開きがあるためあくまで参考ではあるが、月収ベースで比較すると、ブルーカラー男性の平均月収が27万1千円、ホワイトカラー男性の平均月収が39万円。

年齢を重ねるごとに開きが出てくるが実は初任給としては大差なく、むしろ企業の多くではブルーカラーの方がもらえる金額が多い。

全ては行動によって変えられる

今の職に満足している、その中で道を極めるという思いをもって現職に就いている方にとってはこれから先の内容は特に必要のないものとなる。

もし、現状に満足しておらずこれから先自分を変えたいという思いがある方のみ読み進めていただきたい。

これから数年後の未来を見据えるとまずブルーカラーと呼ばれる方々の仕事はAIや自動化によってその多くがなくなっていくという情報は耳にした事があるだろう。

『本当か?』と疑心暗鬼になっている方。要注意だ。確実にその時はくる。

勿論全ての職がそうなるわけではない。

しかし遅かれ早かれそういう時代はやってくる。

15年前に戻って『15年後、携帯電話は全部スマートフォンでタッチパネル。顔認証でロック解除だよ』といってもみんな『本当か?』というだろう。

同じ事だ。

来るかもしれないという事を理解し行動するだけで十分自分の未来は守れるのだ。

少し話を戻そう。学歴は関係ないというタイトルについてだ。

令和というこの時代、昔と比較して実力を正当に評価してもらえる時代になっている。

例えば学歴がない人が圧倒的努力によって誰もがうらやむ学歴の人よりも遥かに結果をだしているという事がとても多くなった。

私は学歴そのものに対しては『勉強が出来るんだな』『目標に向かって頑張れる人なんだな』という2つの想いしか持たない。

東大を出た、ハーバードを出た、同じだ。自分の中での評価に大差はない。

そこから得たものは何か。そしてこれから何をするかという点において可能性の幅を広げるのが学歴、そしてそれらが持つコミュニティーだ。

結局のところどれだけ凄まじい学歴を持とうが社会に出てなんの努力もしないやつはそれなりで終わる。

だからこその本タイトルだ。学歴は関係ない。

結果としてそこから得たものを最大化出来る人間、そして学歴がなくとも圧倒的な努力によってそれらを凌駕出来る人間が勝つ時代。

であれば、『学歴』そのものが持つ意味なんてさほど大きくない。可能性の幅を広げるという点においては非常に優秀な手段である事に異論はないが。

この時代を勝ち抜く為に

さて、ここからが本記事で最も伝えたいところだ。

ここまでで私の考え方の基盤はお伝えした。なのでここからは具体的なアクションについてお伝えしようと思う。

まずは副業から始める

政府が副業を後押しするこんな時代にも関わらずいまだに副業を認めない企業が多いのはがっかりするが、現実的に副業をするといっても会社にばれないかが心配だろう。

リスク0で自分のやりたい事は為せないが、リスクを最大限回避するという行動はとても大事だ。

会社にばれずに副業をするための手続きはここに記載するのでみておいて欲しい。

思いがけないところから自分のビジネスが大成功に向かうというケースがよくある。

たまたま始めた副業で自分の思ったように進めてみたら思った以上の効果が出て、本業の数十倍の報酬を得たなんてこともざらにある話だ。

夢がある。でもどんな風にして副業を始めればいいのか。

よく聞かれるのはその『入口』だ。

クラウドワークスというサイトでは様々な種類の仕事が掲載されている。副業をしている人やフリーランスの方へお勧めするマストコンテンツだ。

とりあえず登録してみるのは無料。その中から色々な仕事を見ていき、自分が出来そうなものから着手してみるといい。

私も昔会社員だったころライティング業務で月3万円程度の副収入を得ていた。

これのいい所はリスクがないところだ。前述した通り登録料金は無料で、仕事をすれば報酬が手に入るが自分に出来そうにない仕事に手を出す必要はない。

やるもやらないも自由だ。

また、特技がありそれをスポットで売りたい場合はココナラというサイトの利用もお勧めする。

入り口としてはこれらが入りやすいだろう。

個人事業主として起業する

自分のやりたい事業やビジネスアイディアがある場合、本業をしながら個人事業主として着手するのも手だ。

これはまさしくフリーランスの入り口であり、今後自身が事業を起こしていくなら通る道となる。

役所に届けを提出するだけなので別段なにも難しいことはない。

面倒なのは確定申告だが、今では会計ソフトも無料のいい時代だ。

本当に簡単に誰でも確定申告が出来る。

アフィリエイト等の広告収入

個人で手軽に始められるものの一つにブログが挙がる。

有用な情報を発信し、その記事の中に登録している広告サイトを貼り付ける。

そこから何か商品を購入したり契約すると報酬がもらえるという方法だ。

これがまさにブロガーやYoutuber、インスタグラマーなどといった情報発信系での収入の柱となる。

知名度が上がり、企業から直接広告を依頼されるようになると報酬も増えていく。

ブログのサイトを立ち上げるのはPCが苦手な人でも実は簡単に出来る。

無料のブログ運営も可能なので手始めにのぞいてみるといい。

本格的にブログを運営するのであれば お名前.com などで独自ドメインを取得し、サーバーをレンタルする。そしてWordpressなどを利用し自身のサイトを立ち上げる方が効果的だろう。

独自ドメインというのは簡単に言うと自分のオリジナルメールアドレス等が作れるものだ。

〇〇〇@〇〇.comなどの@以下、.comまでの間を自身で設定する事で自分の事業としてのメールアドレスを取得する事も可能だ。

無料ブログなどはそのサイト自体が閉鎖されると自身の過去のブログサイトまで全て消えてしまうがWordpressなどではその心配はない。

是非試してみて頂きたい。

このように、今すぐに出来る事もたくさんある。

知る限り多くの方々は現状から脱却したい。一度しかない人生で今のまま終わるのは嫌だという思いを持っている。

しかし、周囲の環境。リスクへの恐れなどから行動を起こす人は一握りもいない。

それは仕方がない。

人間の性は『何かを得たい、挑戦したい』という欲よりも『リスクに対する恐れ』の方を優先させるからだ。

特に日本人は、そういった文化形成であり、例えば家族をもっていればそれは余計にでも強まる。

一歩踏み出す人間だけが得る事が出来る

最後はマインド面、そして懸念するリスクに対して促す私からのメッセージだ。

正直な話、この記事をご覧の皆さんが一歩踏みださなくても私にとっては痛くも痒くもない。

それでも伝えたいのは、知らない・やらないのがもったいないから。

私には4人の子供がいる。家族を路頭に迷わせたくない気持ちは勿論ある。

その為に私が危惧したリスクは『既に企業に安定した雇用はない』という事。

自動化やAIの発展に伴い、職はどんどんなくなるだろう。前述した通りだ。

もし何もない状態でいきなり来月、数千人規模でリストラしますとなった時どうする?どれだけ優秀な人間であろうと、会社の歯車である以上はこれにあらがえない。

私は仕事に対しては非常に前向きだ。ただ別に最初からそうだったわけではない。成し遂げたい事があるから、その目標に到達する為に自分が今出来る事を全力でやっているだけだ。

私は学歴もない。人脈もすごいコネがあるわけではない。センスがあるかと言われればそうでもない。

でも誰より努力出来る。

努力だけは自分の意志次第でコントロールできる事を知っているからだ。

ゲームする時間をSNS運用に使う。読書に使う。

空いた時間があればブログを書く、次のビジネスアイディアを考える。

人間にとって唯一平等なのは時間の流れだ。

ビルゲイツもスティーブジョブズも孫正義も誰にとっても1日は24時間だ。

だからこそ『どう使うか』が勝負を分ける。

明日やろう、今度やろうという人間は絶対にやらない。今、思いついたらやる。今、少しでも気持ちが動いたならやる。

世の中の自分よりすごい人が決断に1分かかるなら自分は30秒で。

世の中のすごい人が一日に18時間努力しているなら自分は20時間努力する。

それでやっと少しだけ相手を上回る事が出来る。

今、何かを始める事で何かが変わる可能性が1%あるなら十分。

リスクを限りなく排除した状態で始められるのが副業ならそれをやる。それが『行動する』という事。

外野から批判するだけの人間が多い世の中だからこそ、行動する人間が増える事を心から望む。

もし必要であれば以下のLINE、もしくは問い合わせ先に記載のあるメールアドレス、電話などいつでも相談を受付けています。

いつでもご連絡下さい。

    いつでもお気軽にお問い合わせください。0823-32-0070受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

    お問い合わせはこちら t-osawa@leo-makoto.com

    友だち追加

    Follow me!

    最新情報をチェックしよう!
    PAGE TOP