業務改善コンサルタントって何?何をしてくれるの?業務内容やメリットについて!

皆さんこんにちは、笑顔の未来を創るパートナー、業務改善コンサルタントの株式会社LEO-Makoto大澤です。

私は業務改善コンサルタントとして活動しておりますが、この業務改善コンサルタントというのは一体どんな仕事で何をしてくれるか。そして業務改善コンサルタントを使うメリットとは。

こういった点についてお話させて頂きます。

業務改善コンサルタントとは

コンサルタントという言葉の起源をご存知でしょうか。

[ラテン語consultāre(con-共に+sedēre座る+-t-反復を示す語尾+-āre不定詞語尾=共に座して議論する)]

https://flowthink.jp/biz/roots-of-word/

コンサルタントとは、「共に座して議論する」人の事を言います。つまり、上から偉そうに命令したり指示したりする「先生」のような人ではなく、同じ目線で一緒に議論して前に進む「パートナー」のような役割を担うのが本来のあるべき姿なのです。

では業務改善コンサルタントとは何か。

企業の為に業務改善について議論をかわし、成果へと導く存在

であるといえるでしょう。

業務改善コンサルタントとはその名の通り、「業務改善」における専門家です。
業務改善と一口に言ってもその範囲は非常に広く、経験と実績のないコンサルタントでは中々結果が出せないという事も少なくありません。

過去の経験と実績、そこで培ったノウハウや様々な引き出しから内容に沿って適切な選択をし、効率的に業務改善を遂行する事で定めた目標を達成する。

これが業務改善コンサルタントの役割と使命です。

業務改善コンサルタントは具体的に何をしてくれるのか

業務改善コンサルタントも会社によってコンサルティングスタイルは様々です。しかし大別すると以下のように分ける事が出来ます。

提案型

お客様からのご依頼頂く目標に応じて現状分析と問題抽出を行い、一体何をどのように改善するべきか。そしてそれをする事によってどういった効果が得られるかを提案するスタイルです。

この「提案型」は基本的に実行はせず、本当に提案までをスコープとして実行するかしないかはお客様の判断次第といったスタンスになります。

提案型を利用されるお客様は、自社で改善を実行する力はあるが根拠を伴う改善提案をもらいたい、且つ外部コンサルタントの介入期間を可能な限り短くしたいという場合が多いです。

実際、ご提案までのスコープですので1か月あたりに何日訪問するかにもよりますが大体1か月~3か月程度のご支援で完了する場合が殆どです。

進捗管理型

提案型と同様にご提案までさせて頂いた後の実行フェーズにおいて進捗状況の確認や、遅れ・アラーム等に対する修正までをサポートするタイプです。

こちらは改善実施は可能だが、その進捗管理も行い必要があれば修正などにも携わってもらいたい企業様がご利用なさるようです。

TIPやガントチャートを利用して進捗状況を見える化し、社内で共有していきながら興味を持って改善を進行できるのが強みと言えるでしょう。

トータルサポート型

提案し、進捗管理もしつつ実際に現場でどのような効果が出ているかの試算と方向修正や目標達成の為に追加で実行しなければならない事の整理から実行。

そして、最終的な効果確認や必要があれば方向修正。実行。そして最終的な効果測定。

どのようなプロセスを以て、どのような根拠の元に改善を進めてきたのかをドキュメンテーション化して提出致します。

このトータルサポート型が当社株式会社LEO-Makotoの基本となる業務改善スタイルとなります。

業務改善コンサルタントを雇うメリットは?

業務改善コンサルタントを雇う理由は『より早く、確実な成果を出せる事』と『普段では知り得ない業務改善の実施方法を過去のノウハウから実施出来る』事と言えるでしょう。

経験と実績のある業務改善コンサルタントであれば、過去の様々な経験から多くのノウハウを持っています。

その中には単独もしくは複合で依頼者様のお悩みに近い案件が出てくるはずです。

自社内で業務改善のノウハウがそれほどないといった企業様においてはこのノウハウに基づく改善の実行は非常に大きな武器となります。

コンサルタントを入れず、自社内のみで実施した時実は時間と人工を使いすぎて結果としてコンサルタントを雇った方が安かったという声も多く聞きます。

結果として安価。

コンサルタントの価格は会社によって大きくばらつきます。

金額が高いから経験が豊富とか、金額が安いから信用がないなんていうご意見はナンセンスです。

目標達成できるのであれば後は投資対効果だけであり、ここを抑えたいのはどこの企業でも同じです。

例えば社内において1人で改善を行うのであれば大体、チャージ3,000円×4時間/日×20日/1か月×12か月/年=288万円。

社内の方が1日4時間業務改善に関わった際の試算がこの結果です。

業務改善を実行するにあたり、一人だけで取り組むといったケースは少ない為、2人であれば2倍の576万円、3人であれば3倍というように思ったよりも見えない費用を使っているのが分かります。

コンサルタントを雇い、従業員の方が改善に取り組む時間が半分になり、人員も1人減った場合に浮いた費用分以内の価格でコンサルタントを雇う事が出来れば、結果として安く、確実な効果を得る事が出来るというわけです。

投資に関する詳細はこちら

最後に

如何でしたか?業務改善コンサルタントがどのようなもので、一体何が出来るのか。少しでも理解が深まったのであれば幸いです。

企業様の大事なお金を投じるにあたり、本当にこのコンサルタントを信じてもいいのか。ここは非常に重要なポイントです。

当社ではまず初回相談は無料とさせて頂いております。

そのお話の中でまずはどのような人間で、どのような着眼点であるかなどについて見て、感じて頂きたいと考えております。

そして、その後はトライアル期間も設けておりますので本契約を締結する前に実際にどのようなコンサルティングサービスを実施出来るのかご覧になって頂いた上で、納得して頂ければ当社にお任せ頂きたいと考えております。

繰り返しになりますが、企業様にとって大事なお金を投資するにあたりどこに依頼するかは非常に重要です。

契約を結ぶ前にしっかりと見極め、安心・納得した上でコンサルタントをご利用頂ければ、必ずいい結果が出ると確信しております。

お問い合わせ先

いつでもお気軽にお問い合わせください。0823-32-0070受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら t-osawa@leo-makoto.com

    LINEでのお問い合わせはこちら

    友だち追加

    当社Facebookページ

    Twitter

    Follow me!

    最新情報をチェックしよう!
    PAGE TOP