コンサルタントとして起業。お客様を獲得する為にしなければならない行動とは?

皆さんこんにちは。株式会社LEO-Makoto大澤です。

さて、本日はコンサルタントとして起業したばかりの方々、そしてこれから起業をしようと考えている方々へ向けた内容となっております。

既に顧客獲得も出来ており、目の前にお客様を連れてくる事に困っていない方々につきましては、別の記事をお勧めいたしますのでどうぞ悪しからず。

コンサルタントとして起業をする皆様。

自身で道を切り開く世界へようこそ。無限の可能性と、無限の成長。これこそが自身で事業を営む醍醐味と言えるでしょう。

本記事に足を運んでくださった皆様、コンサルタントとしてファームに勤務しており独立したパターン。そしてサラリーマンやアルバイト勤務の方々が初めてコンサルタントの道へ足を踏み入れたパターン。

その他にも様々な経緯の方々がいらっしゃるでしょうが、この記事にたどりついたという事は『顧客獲得方法・見込み顧客と繋がる方法』が知りたいといった所でしょうか。

では、皆様がお知りになりたい情報について本記事では一部をご紹介させて頂ければと思いますので、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

起業する際の自身の状態・状況は?

かなり準備をして起業された方についてもそうでない方についても今一度少し時間を取って考えてみましょう。

今のあなたの状態は?状況は?

  1. 人脈はあるか
  2. HPは開設しているか?SNSは利用している?
  3. 自分の事業・提供出来るサービスについて明確になっているか

といった事をはじめ、自身の事業にとってのお客様は一体誰になるのか。そしてそのお客様に自分を知って頂く為にはどのような選択肢があるのか。これらについて可能な限り客観的に知る事が重要です。

ホワイトボードやA4の紙に思いつくかぎりに書きなぐってみましょう。頭の中が整理されてすっきりすると共に自身の現在地が見えてくるのでお勧めです。

商談のお話をいただく為に

ではここからは少し詳細なお話に移ります。

商談のお話を頂く時に最も有効なのは『紹介を受ける』事です。

コンサルティングという商品は目に見える物理的な物をお客様へご提供する事が出来ません。

更には昔のイメージが強いのか、大手コンサル会社のイメージが強いのか極めて高額であるとのイメージが根強くあります。

そのような理由を中心としてコンサルタントを雇うという選択肢にはなりにくいというのが現在の実態です。

そして所謂先生業である事から『売り込む』というのが難しい職業でもあります。

あまりに自分を売り込んでしまうと『仕事ないのかな』『大丈夫かな』というような疑念を持たせてしまう恐れがあるのです。

紹介していただく

全くあなたの事を知らない関係性の中ではまず一番最初にはそのような目に見えないバリアとの闘いが待っています。

目に見えないバリア

  • メリットに対する不安
  • 価格に対する不安
  • 信頼に対する不安

これらの不安を払拭してくれるのが『紹介』です。

既に信頼関係を築いている方にご紹介頂く事で前述した目に見えないバリアを限りなく薄くする事が出来ます。

そして、一度ご面談頂けるようであればそこからはあなたの腕の見せ所。相手の悩み・お困りごとをしっかりと聞き、ご自身が提供できるサービスをお伝えし、ご検討頂くステップへと歩を進めましょう。

ここで一番重要なのは、『紹介される人間』として自身をブランディングしておくことです。

何が出来るのか。何をしている人でどのようなサービスを行っているのか。

どのような人柄なのか。

ご自身の商品を明確にし、人と接する機会がある場合にはその言葉遣いや身だしなみなど含め『紹介される』に価する振る舞いを心掛けるなど。日々の積み重ねの中にこそそういったチャンスが宿るのです。

露出を増やす

あなたが誰で、一体何をする人なのか。どんなサービスを提供できる人なのか。

これらをまずは世の中の方々に知って頂く必要があります。

幸い、今は世の中にインターネットが広く普及しています。露出を増やす手段が山ほどあるのです。

幾らか紹介していきましょう。

HPをつくる

HPを作り、ブログなどを通じて自身の考え方や自身が持つノウハウを発信する。そして、その考え方に共感する、このような事をしてもらいたいというような考えに至ってもらう。

これがまず一つ目に有効な露出の方法です。

アメブロなど無料で利用できるサービスは非常に簡単且つ手軽に開始出来る一つの手段ではありますが、可能であれば『独自ドメイン』を取得してWordpressなどで自身のサイトを運営する方が信頼度は高まります。

このバナーから お名前.com へ登録し、自身のドメインを作成する事が出来ます。

利用料金はかかりますが、事業開設には重要な事ですので是非視野にいれてみてください。

メールアドレス等でよく目にする〇〇〇〇@〇〇〇.comなどの自分の事業のオリジナルメールアドレスやURLを作る事が出来るサービスです。

私は名刺を作る前に独自ドメインの取得とメールアドレス作成。そして自身のサイトを立ち上げてからそれらの情報を全て名刺に載せました。

登録方法や作成方法はさほど難しくはありません。

HPの作成に関しても、勿論プロに頼めば素晴らしい出来栄えのサイトが出来上がりますが少々費用がかかってきます。

私はかなり低予算で事業を開始した為、そこにかけるお金がありませんでしたので、全て自分でつくりました。

SNSを利用する

これは絶対にやるべきです。少なくとも以下3つのSNSに関しては運用していく事をお勧めします。

運用すべきSNS

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

Twitterは2017年時点、国内で4500万人が利用している最大級のSNSです。

そこからも増加傾向にある事から2020年現在の利用者数は更に多い事は間違いありません。

また、この利用者の内約60%超を20代~40代が占めるなど比較的若い世代に利用されている事が分ります。

利用者全体でみると男性が52.7%、女性比が47.3%と男性利用者の方が若干上回っているという特徴もあります。

140字で1ツイートという形で、伝えたい事を短くまとめるという練習も兼ねつつ、共感を集めフォロワーにつなげる。

上記は私のツイートですが、このように様々なリンクをTwitter上に貼り付ける事が出来るのでブログやHPへの流入も望めます。

次にInstagramを紹介します。

Instagramは写真がメインです。つまり視覚的な情報を発信する事でそれをご覧になられた方は『あなたがどのような人か』親近感を覚えると共にビジネス関連の写真を見せて信頼できそうだという印象を与える事が出来るツールです。

InstagramもTwitter同様に60%程度を20代~40代の世代が利用しています。

Twitterの登録者数は2019年3月時点で3300万人なので1980万人がこの世代という訳です。

Facebookはよりビジネスの色が濃いSNSです。ここで自身のビジネスについて発信し、広く知って頂く事が重要です。

また、Facebookは比較的年齢層が高い方が使用している事からも経営者の方々や役員の方々の目に留まれば直接商談の話が入ってくるような事もあるようです。

https://www.facebook.com/takuma.osawa.leo

これらのSNSを上手く使いつつ、HPへ流入させる事で更に自身について深く知って頂く。

そして、DM(ダイレクトメッセージ)が来た際には丁寧に対応し、信頼を勝ち取っていく事であなたという商品そのものの価値が上がっていくのです。

中々結果が出ない場合も往々にしてありますが、根気強く続けていく事をお勧めします。

マッチングサイトへの登録

フリーで事業をされている方に嬉しいサービスとして、マッチングサイトがあります。

まず一つ目にご紹介するのが クラウドワークス です。このサービスは、登録無料で無数にある仕事の中から自分がやりたい仕事を探して応募する形式のものとなります。

リスクもデメリットもありません。

登録自体も非常に簡単で、非常に触りやすいものとなっています。

安価な案件や、簡単な作業も多い為まずはここを入り口にするのも一つの手ではないでしょうか。

例えば資料作成等の仕事をして一定の評価を得れば直接コンサルとしての依頼に繋がるというような考え方もあります。

何がチャンスになるか分からない状況において常に間口を開いておくというのは必須アクションですので是非実施してみてください。

その他にも、ハイパフォーマーなどのコンサルタント専用のマッチングサービスもありますので是非登録しておいてください。

まとめ

如何でしたか?コンサルタントとして活動を始める中で最も重要且つ難しい事の一つが顧客開拓です。

あなた自身が商品であるコンサルタントとしての仕事は、信頼を勝ち得る事と経験を積むこと、そして知って頂く事。

これが最も重要な事です。

日常のあらゆる場面にチャンスは転がっています。そして多くの人はそれに気づきません。

であれば、そのチャンスをいち早く察知し、ものに出来る準備を怠らない事がまず自分に出来る事ではないでしょうか。

どれだけ戦略を練り、シミュレーションした所で行動しなければ絵に描いた餅。

そうならないよう、常に行動する姿勢を持ち勝ち取る為に動く。

これこそが起業する上で最重要なマインドの一つだと私は考えます。

成果が出ないことも、努力に疑問を感じる事も勿論あります。

それでもそれを感じたからやらなくていい理由にはなりません。

行動をする。何か一つでも変える。努力の積み重ねこそが成果を生み、ひいてはあなたの成功への道となる事でしょう。

何かお困りの事があればご連絡下さい。

私の間口は常に開いています。一緒に成功を掴みとりましょう。

株式会社LEO-Makoto
代表取締役 大澤拓磨

E-mail: t-osawa@leo-makoto.com
Tell: 0823-32-0070

Follow me!

関連記事

  1. システム導入後の問題解決業務への参画。問題はシステムではない。
  2. ビジネスにおける考え方の一つ、MECE(モレなくダブりなく)につ…
  3. フリーランスとして活動していく為に!まずはメールアドレスを取得し…
  4. 学歴なんて関係ない。これからの時代を勝ち抜く方法について徹底的に…
  5. 5sとは?その重要性とは?会社全体で取り組むべき5sについて!
  6. 業務改善コンサルタント
  7. 数字で社員の意識が変わる。中小企業の社員が行動を変える為の重要な…
  8. 独自の仕組み化改善パッケージ、LEO-Lean Shikumi …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP